So-net無料ブログ作成
検索選択
金星食 ブログトップ

金星食 撮影 デジカメ [金星食]

金星食 撮影 デジカメ


金星食を撮影??
金星食を撮影するにはデジカメが良いようです
金星食を撮影するにはなにが一番いいか検索されているようです
そして、金星食は26年ぶり最高の状態が見れるということで
金星食の撮影が注目されたようです


金星食を調べてみると
金星食は8月14日におこります





金星食というのは月が惑星を隠してしまう現象の一つですが、
月が金星を隠してしまう現象を金星食と言います
”食”がついているだけに日食や月食と同じような光景が
みれるために、金星食というのですね

金聖食は8月14日に日本中いたるところで見えるようです
問題は天気といことになります

今回の金星食が注目されるのは
日本中でこれだけはっきり見えるのは26年ぶりで
これを逃すと2063年の5月31日にならないと見ることが
できません、50年後にならないとみることができないので
この状態を撮影して残しておくべきだと思います

記念だけでなく、夏の思い出のひとつとして残しておくのも
いいかもしれません


され本題の金星食の発生する時間ですが
さすが日本全国だけあって
見える時間はばらばらのようです

一番早いところで14日のAM2:47分ころから見れるようです
お盆やすみということでみなさん見れる時間があると思うので
ぜひ見ていただきたいです

お盆はゆっくりした時間をすごしていると思いますので
しずかな夜にゆっくりと、金星食を見るのも良いかもしれませんね

詳しい時間ですが以下にしめします

■主要都市毎の潜入時刻と出現時刻
 札幌:2時47分 ⇒ 3時50分
 東京:2時44分 ⇒ 3時29分
 福岡:2時41分 ⇒ 3時27分
 那覇:2時53分 ⇒ 3時00分

この時間をみると、北に行けばいくほど
長く見れるようです
札幌に関しては1時間見れるようです
北海道は、空気がきれいですから
違った空を見えるかもしれません

金星食は夜の空なので裸眼でもみれますが
やはり簡単に撮影するのはデジカメが一番のようです

携帯電話でもいいですがやはり記念の金星食なので
撮影としては一眼レフのカメラ望遠鏡など
を用意するのがいいかもしれません

そらを撮影するので、やはり手振れをなくすために
三脚が必要かと思います

ズーム機能は望遠側にするのがいいようです

デジカメの場合はズーム機能を使うと
かなりぼけてしまうので使用しないほうがいいと思います



重要なのはシャッタースピードと絞りですが

ためし撮りなどを行って
デジカメのシャッタースピードや絞りを探していたほうが

良いかもしれません

ピントの設定は無限遠にして下さい。
設定できないカメラの場合は遠景モードでも良いです。

望遠鏡があれば、デジカメと比べることができるので
また違った雰囲気で表現されているので
経験するのもいいかもしれません


金星食だけでなくペルセウス座流星も
観測することができるので
8月14日には夜空に二つのものを一緒に見ることができるので
二つも一緒にみることができるので
今年の夏の二つのビックイベントを経験できるので
絶対、8月14日は外にでて夜のそらをみたほうがいいと思います



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
金星食 ブログトップ
70年代のゲーム機

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。